低い金利で利用するために|利便性があるビジネスローンの知識|理解して利用すると便利

利便性があるビジネスローンの知識|理解して利用すると便利

低い金利で利用するために

お金を持つ人

金利の見直し

住宅ローンの金利は、借り入れ金額や期間はもちろん、利用する時期によっても異なってきます。というのも金利は、1ヶ月単位で見直されているからです。したがって、金利が高い時期に固定金利の住宅ローンを組んだ場合、その高い金利のままで、返済を続けていくことになります。しかし、未来の金利を正確に予測することは困難です。そのため、組んだ後に金利が下がり、そのことに悩むという人は少なくありません。そういった人の多くが、住宅ローンの借り換えをおこなっています。金利が下がってから、他の金融機関で新たに住宅ローンを組めば、その後はその金利での返済をすることが可能となるのです。ただし借り換えには事務手数料が必要となるので、それを支払ってもなお、金利差によるプラスがあるかどうかを事前に確認しておくことが大事です。

史上最低の水準に

現在の住宅ローンの金利は、史上最低と言われる水準となっています。具体的には、プランにもよるのですが、一般的な価格の住宅購入のために35年間借りる場合の金利は、1%ほどなのです。8%台となっていた時代もあるため、それと比較するとかなりの低金利です。そのため借り換えには、この水準となる前に住宅ローンを組んだ人のほぼ全員に、メリットがあると言えます。そのことから多くの人が、返済における負担を少なくするために、積極的に借り換えをしています。ただし借り換えは、他の金融機関で新規で住宅ローンを組むということですから、申し込みに多くの手間暇がかかります。そのため昨今では金融機関の多くが、インターネットでの申し込みを受け付けるようになっています。手軽に申し込みができるようになったわけですから、そのことからも借り換えの需要は高まっているのです。